2020.02.20更新

キュレーターにお話を聞く

 

美術講座でキュレーターの内海潤也さんをお呼びし、キュレーターの仕事について、お話を伺いました。

IMG_2497a_1

キュレーターというと、特定の美術館等に所属し、研究や展覧会の企画運営等を行う人というイメージがあったのですが、内海さんは一味ちがい、地域に根差し、アートと地域をつなぐ活動をされているキュレーターです。

具体的には、横浜市黄金町でアートによる街の再生に取組み、毎年「黄金町バザール」を開催している「NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター」で活躍されています。

今回は、ご縁を得て知り合った内海さんに、そのお仕事について、じっくりお話を伺いました。

IMG_2489a_1

 

そこではアーティストたちが一定期間、実際に滞在しながら作品をつくる場を提供したり、イベントを開催したりしながら、地域の人達とともに街そのものを活性化させていく様々な試みが行われています。

「アート=美術」だけで完結しない、様々な人々が行き交い刺激しあい共に物事を実現していく時間・空間を生み出す現場にいる内海さんのお仕事、とても面白そうです。

IMG_2490a_1

IMG_2492_1

内海さんが関わるイベントのちらし

IMG_2495_1