2019.11.22更新

第11回シューレ大学演劇公演「三人姉妹―1946秋」開催!12月21日㈯・22日㈰

恒例の冬の演劇公演の季節がやってまいりました。

今年はチェーホフの三人姉妹』を原作とし、

舞台を戦後日本に置き換えた作品を上映します!

2019年12月21日(土)~22日(日)計3回上演

 

ちらしpdfはこちらをどうぞ↓

sanninshimai_web

 

「モスクワに帰りさえすれば」
「モスクワに帰るんだわ」
 三人の姉妹たちは目の前の問題を棚上げにして、モスクワに帰ることで解決するかのようにして、問題を先延ばしにして生きていく。
『三人姉妹』は私たちにとってそんな風に感じられる作品だ。
それは、私たちが生きてきた中で思い当たる節があるからだ。
向かい合った方がいいこと、先延ばしにしても何もいいことにならないということはわかっていても、そうできない日々を経験してきたと思うからだ。
『三人姉妹』に限らず、チェーホフの劇にはそんな人がたくさん出てきて、その人達がなぜかとても魅力的に感じられる。
この劇は、終戦後の日本の地方の町に時と場を移し、私たちにとっての「モスクワ」を描いたものです。チェーホフの「モスクワ」はこのいまの時代でも起きていることで、私たちが体験してきた「モスクワ」を思い切り演じたいとこの作品に取り組むことにしました。もしかすると、この文章を読んで下さっているあなたも、あなたの「モスクワ」をお持ちかもしれない。
私たちの「モスクワ」をぜひご覧ください。

三人姉妹 ― 1946秋

◆日時
2019年12月21日(土) ①14:00 ②18:00
2019年12月22日(日) ③14:00
※③の上演後にゲストをお迎えしてのアフタートーク
※アフタートーク後、ミニ交流会あり(参加費別途500円)
※開場時間は各回30分前です。

 

◆会場
シューレ大学特設シアター
※シューレ大学内。〒162-0056 新宿区若松町28-27
地図はこちらをクリック
◆参加費
予約:1000円 / 当日:1200円
◆予約・お問合せ(予約〆切:12月20日)
TEL: 03-5155-9801    FAX: 03-5155-9802    Email: univ@shure.or.jp
<EmailおよびFAXでのお申込み方法>
件名に「観劇申し込み」、本文に「お名前」「電話番号」「希望公演日時」「枚数」をご記入の上、ご送信下さい。
◆主催
NPO法人東京シューレ シューレ大学

 

 

※写真は今夏、内部で行った「三人姉妹」の朗読劇

IMG_7160b_1

 

参考:過去の演劇公演から

tenpest

parrot2

parrot

aza

aza2

f_1

 

e

 

rupam

prince

osorubeki