2019.09.18更新

10/26(土)シューレ大学研究イベント 開催!

恒例の「シューレ大学研究イベント」

今年は10月26日(土)に開催します!!

 

IMG_0764b_1

※昨年の同イベントの写真↑

 

ちらしのpdfはこちら↓

2019kenkyu_web

第9回シューレ大学研究イベント「世界を自分に取り戻す」

 

日時:2019年10月26日(土)
   13:30開始(開場13:00)
会場:シューレ大学特設会場
   新宿区若松町28-27 シューレ大学
   都営大江戸線「若松河田」駅下車 「若松口」より徒歩5分
参加費:1000円(シューレ大学研究資料冊子付き)
ゲスト:最首悟(思想家・シューレ大学アドバイザー)
主催:NPO法人東京シューレ シューレ大学
お問合せ:TEL:03-5155-9801(平日10:00~19:00、水曜のみ13:00~19:00)
     Email: univ@shure.or.jp

 

シューレ大学では当事者研究とも言える形で「自分から始まる研究」として、今の自分にのっぴきならないことや、知りたい、深めたいと思うことからテーマを設定し、それぞれに探求を積み重ねてきました。

どの研究にも共通するのは、自分の生き難さを解体し、より自分の求める生き方を感じ捉え続けやすくするための研究であるということです。自分が感じ考えてきたことだけでなく、その自分がどのような社会で影響を受けて生きているのかを視野に入れて捉え直すことで、生き難さを解きほぐすことにつながっているように思います。

この私達の発表で、変えることのできないように感じる閉塞感に穴を穿つ方法の提案になることを期待しています。

<当日の内容>
1. 学生の研究発表(パワーポイントで、真剣、切実、かつ楽しくプレゼン!)
2. ゲストの最首悟さんより、各発表へのコメント
3. 最首さんと学生とのシンポジウム
4. フロア参加者との質疑応答
===終了===
※なお、終了後、ミニ交流パーティを行います(参加費別途)
<今年度の研究テーマ>
〇尊重し合う関係はどうすればつくっていけるか。
〇私はどのように女性的であることを避けているのか。
〇「物事を説明することが苦手な自分」への否定感とは何か。
〇「コミュ障」な自分を知られたくない/本当の自分を知ってもらたい葛藤。
〇「できない」ことを意識する時の苦しさを解体する。
〇私の<許されない行為>とは何か。私は本当に黒いのかを探る。
〇私はどのようにして、自分にとって大切な絵が描けなくなるのかを解体する。

 

※当日発表する内容と一致しないことがあります。

 

皆さまのお越しを楽しみにお待ちしております!