2019.04.05更新

渋沢丘陵散策(神奈川県秦野市)

春休み恒例のソーラー講座企画フィールドワークで

「春の丘陵の自然に親しむ・その3 ~渋沢丘陵散策」に行ってきました。

小田急線「渋沢駅」から歩き始めて「秦野駅」までのコースタイム3時間ほどの散策です。

 

今泉名水桜公園は満開の桜もたくさん残っていました

a

b

c

これ、住宅街の一角です↓

d

この辺りは石仏が多いそうで、とくに道祖神は双体のものが多いのだとか(左から二番目)。

e

湧水が豊富な秦野地区。白笹稲荷神社にも自然の湧水が竹を通して涼し気に落ちていました。

f

丘陵から望む雄大な丹沢山地。2年前には夏合宿に行ったなあ、などと思い出されます。

g

i

h

j

関東大震災の際にせき止められてできた「震生湖」。できてからまだ100年経っていないんですね。自然にできた湖としては日本でもっとも新しい湖だそうです。

k

l

新緑の時期になったら緑が美しそう…

m

n

ほんとにのどかです~

o

p

道中、春の花がここでもかここでもかというくらい咲き乱れていました。

q

r

s

商店街を通って、渋沢駅へ。

t

そして 解散。

とにかく眺めは良いしのどかだし、ほぼなだらかなので、のんびり歩きにぴったりのコースでした。

桜の時期は花曇り、花冷えというようになかなか天気が安定しないのですが、

その合間をぬって気持ちい散策となりました。