2018.02.20更新

ソーラー学習会「武蔵野・野川の歴史」

 

ソーラー講座で先月、フィールドワーク企画として国分寺崖線を歩きましたが、そこを一歩深めて、学習会のテーマを「野川」に設定。武蔵野台地の南西部、国分寺市~世田谷区を、国分寺崖線に沿って流れる野川について、成り立ちや人々の生活との関わりを学びました。

地質学的な変遷から、3万年近く続く沿岸住民の生活の歴史まで、触れれば触れるほど興味はつきません。

solar_1