2017.03.08更新

絵画展 写真レポート

 

2月11日(土)に開催したシューレ大学絵画展「世界を自分に取り戻す」の写真レポートをお送りします!

 

会場は恒例となっている東京国立博物館内「応挙館」

a

 

まずは準備風景から~

a

b

c

d

 

今年のテーマは、「応挙館の空間美術に呼応して」とし、応挙の襖絵に囲まれた茶室に呼応する絵をそれぞれが制作しました。

そして、今年は、隣の部屋との間のふすまをあえて閉めて、応挙の襖絵(レプリカですがそれ自体非常に価値があるものだそうです)がよく見えるように空間をつくりました。

e

 

お客さまたちも、私たちの作品、そして応挙の襖絵をじっくり鑑賞されています。

f

 

お客様が集まった頃合いを見て、恒例のミニ作品解説ツアーも実施。

g

h

 

こちらは奥の床の間のある部屋です。

i

j

 

お茶と手づくりの和菓子(求肥)も召し上がって頂いています。

k

l

 

本日は……

m

お越しいただき、どうもありがとうございました!

n

私たちも、皆さまのおかげで良い時間を過ごすことができました。感謝申し上げます!

 

片付けを終えて。おつかれさま~!

o

p

 

シューレ大に戻り、品々を片付けて、集合写真。これから打ち上げに向かいます!

q

 

また来年も、よろしくお願いします!

r