2016.11.02更新

公開ゼミ「シューレ大学とオルタナティブ大学の可能性」

 

東京シューレのシリーズ公開ゼミ。

第3弾(11月16日(水)19:00~)のテーマは、「シューレ大学とオルタナティブ大学の可能性」です。

近年、とみに海外のオルタナティブ教育界からの注目が高まっており、「詳しい仕組みや活動を知りたい」「うちの国でもシューレ大のようなオルタナティブ大学をつくりたいので参考にさせてほしい」ということで、訪問があったり、情報を求められたり、取材されたりということが多くなっています。

実際、どんな場なのか。どのような学び、運営がされているのか。その実践を学生自身がご紹介するとともに、参加者の皆さまと質疑応答や議論の時間を取りながら「オルタナティブ大学の可能性」について考え合いたいと思います。

人数は例年、10名前後のこじんまりしたゼミです。

 

どうぞふるってご参加ください。

■日時:2016年11月16日(水)19:00~

■会場:シューレ大学(都営大江戸線「若松河田」駅「若松口」徒歩5分)

地図: http://shureuniv.org/access

■参加費:620円

■主催:NPO法人東京シューレ

■お問合せ:シューレ大学

TEL: 03-5155-9801   Email: univ@shure.or.jp

URL: http://shureuniv.org/

■公開ゼミの年間計画: http://shureuniv.org/blog/2016/06/1234

■内容:世界でも大変珍しい、ユニークなオルタナティブ大学・シューレ大学。1999年設立。「自分から始まる学び」「当事者研究」を特徴とし、こうざの開設から講座内容、イベント、日常の大学生活、広報に至るまで、学生とスタッフが話し合い運営する「学生が創る大学」です。ここでの学びが、既存のレールのみに依らない自分に合った「生き方をつくる」さまざまな取り組みにつながっています。その実践を、学生自身がご紹介します。

シューレ大のある建物。※注意!若松河田駅では、「若松口」から外に出てください!(もう一つの出口から出ると大回りになります…)

univ

 

※以下、シューレ大学の参考写真です

 

設立15周年記念イベントの時の模様。(今年は満17年です!)

 

15th_1

 

海外との交流もさかんです(日露共同演劇公演の打ち合わせ)

kaigai1

 

今夏はAPDEC(アジア・パシフィック・デモクラティック教育大会)in 台湾に参加。シューレ大のプレゼンもしてきました

apdec_1

 

特徴的な講座の一つ「生き方創造コース」

ikikata

 

不登校研究会(この日は「時事ニュースと不登校」)

fuken

 

毎年開催する4つの大きなイベント①映画祭

filmfes_1

②研究イベント

kenkyu2_1

③演劇公演

drama_1

④絵画展

kaigaten_1

 

それでは、お越しを楽しみにお待ちしています!!