2016.09.29更新

第6回シューレ大学研究イベント 開催!!

 

シューレ大学研究イベント、第6回目の今年は10月22日(土)に開催します!

(写真はすべて昨年の研究イベントです)

kenkyu1_1

 

◆第六回シューレ大学研究イベント「世界を自分に取り戻す」

☆2016年10月22日(土)開演 13:30(開場 13:00) @シューレ大学特設会場
(都営大江戸線「若松河田」駅「若松口」徒歩5分)

“自分から始めてみたら、こんなに世界が近かった”

今年もこの季節がやってきました!今回で6回目となるシューレ大学研究イベントが開催されます!
シューレ大学では当事者研究ともいえる形で「自分から始める研究」として今の自分にのっぴきならないことや、知りたい・深めたいと思うことからテーマを設定し、それぞれに探求を積み重ねてきました。
どの研究にも共通するのは自分の生き難さを解体し、より自分の求める生き方を感じ捉え続けやすくするための研究です。おのずと自分の感じていることだけでなく、その自分がどのような社会で影響を受けて生きているのかを視野に入れて捉えなおすことでより考察を深めているように思います。

イベントでは、シューレ大学学生によるそのような研究の切実かつユニークな発表、及びゲストスピーカーとしてお招きする思想家・最首悟さんと発表者によるシンポジウムを行います。また、参加して下さったみなさまとやりとりをする質疑の時間もございます。素朴な疑問や感想など湧いてくる言葉をどうぞ遠慮なく届けてくださればと思います。私たちの発表が、そしてこのイベントが、変えることのできないような今の社会の閉塞感に穴を穿つ方法の提案になることを期待しながら、みなさまのご参加を心よりお待ちしています。

なお、twitterやFacebookでイベントまでの様子を随時公開しています。宜しければそちらもぜひチェックしてみてくださいね。

☆イベントFacebookページ↓

https://www.facebook.com/events/1772288023046719/

☆ちらしpdf ↓

表面

kenkyu_omote2016

裏面

kenkyu_ura2016

 

■日 時:2016年10月22日(土) 13:30スタート(開場13:00)
■会 場:シューレ大学特設会場
(都営大江戸線「若松河田」駅「若松口」徒歩5分)

■地図: http://shureuniv.org/access
■参加費:1,000円(含シューレ大学研究資料冊子代)
■ゲスト:最首悟(思想家・シューレ大学アドバイザー)
★イベント終了後、交流パーティーがあります。(参加費別途)

 

◇当日の発表のタイトル(仮。6人です)

・私はなぜ、どのように自分の存在価値を他者からの評価に託そうとするのか
・私の無気力感はどこからくるのか。
・わたしはどのような健康観を吸収してきたのか。
・私の不登校研究はなぜ停滞するのか。
・職場における年上の男性への恐怖心はどこからきたのか。
・私は陰口とどのように付き合っていきたいのか。

◇ゲスト 最首悟(サイシュ・サトル)
1936年生まれ。東京大学助手時代から全共闘運動や水俣病問題へ積極的に取り組む。また、愛娘・星子が障害を持って生まれて来たことから、障害者問題へも深く関わってきた。シューレ
大学の設立時から力強く支えてくださり、「生命論」の講座はシューレ大学設立時からの長寿講座。和光大学名誉教授。著書に『星子が居る』(世織書房)、『「痞」という病からの―水俣誌々2』(どうぶつ社)ほか。

◆ご参加
ご予約の際は、お名前、参加人数、電話番号をお知らせください。
なお、ご予約された場合も、資料はお取り置きしておきますが、席は先着順になりますので、お早目にお越しください。

◆お問い合わせ・お申込み先
シューレ大学(NPO法人東京シューレ)
〒162-0056 東京都新宿区若松町28-27
TEL 03-5155-9801(平日10時~19時、水曜のみ13時~19時)
FAX 03-5155-9802
E-meil univ@shure.or.jp
HP http://shureuniv.org/
twitter @shureuniv
Facebook www.facebook.com/shureuniv

 

kenkyu3_1

 

kenkyu2_1

 

kenkyu4_1

 

ぜひいらして下さいね~(^_^)!